(一財)愛知県建築住宅センターは、建築確認・検査、住宅瑕疵担保責任保険、住宅性能の評価、長期優良住宅技術的審査 のワンストップサービスを提供しております。

トップページ > 事業案内 > 業界サポート > 愛知県設計用入力地震動研究協議会

愛知県設計用入力地震動研究協議会

愛知県の地域特性を考慮した設計用入力地震動を研究し、設計者の技術力並びに建築物の耐震安全性の向上に寄与する中心的な主体として「愛知県設計用入力地震動研究協議会」が平成11年11月12日に設立され、その事務局業務を行っています。

協議会目的

設計の性能規定化に向けた設計者の取り組み及び免震構造、制震構造の普及への一助をなすために、愛知県の地域特性を考慮した設計用入力地震動を研究し、会員の設計技術ならびに建築物の耐震安全性の向上に寄与する。

協議会会員

正会員76社、公益会員15団体、学術会員12名(平成23年6月現在)

業務内容

愛知県内及びその周辺地域を対象に、設計用入力地震動を作成する。

  

 

 ※「協議会2010」は現在、作業中

検討部会委員(平成22年7月〜)

部会長

 福和 伸夫 (名古屋大学大学院教授)   オブザーバー  金田 義行 (海洋研究開発機構)

委員

 護 雅史 (名古屋大学大学院准教授)      鷲谷 威 (名古屋大学大学院教授)
   飯場 正紀 (建築研究所)      山中 佳子 (名古屋大学大学院准教授)
   藤原 広行 (防災科学技術研究所)      国土交通省中部地方整備局
   西沢 崇雄 (日本建築構造技術者協会)      愛知県
   梅村 健次 (日本建築構造技術者協会)      名古屋市
   安藤 誠 (愛知県建築士事務所協会)        
   見寺 昭彦 (日本建築家協会東海支部愛知地域会)        
   藤田 哲也 (日本設計)  

協力

 大崎総合研究所

 

お問い合わせ先: 耐震評定課(Tel: 052-264-4051)

事業案内