(一財)愛知県建築住宅センターは、建築確認・検査、住宅瑕疵担保責任保険、住宅性能の評価、長期優良住宅技術的審査 のワンストップサービスを提供しております。

トップページ > 事業案内 > 特定建築物等定期報告 > 対象建築物の報告時期

対象建築物の報告時期

(愛知県、豊橋市、豊田市、岡崎市、一宮市、春日井市)

用途 規模

(次のいずれかに該当するもの)

特定建築物調査報告時期
(3年に1回)
建築設備検査報告時期
(毎年)
防火設備検査報告時期
(毎年)
旅館、ホテル @3階以上又は地階にある
A2階の床面積が300u以上
平成28年
平成31年
平成34年
6月1日〜
8月31日
毎年6月1日〜

毎年11月30日

毎年6月1日〜

毎年11月30日

病院、診療所(患者の収容施設があるもの) @3階以上又は地階にある
A2階の床面積が300u以上
9月1日〜
11月30日
複合用途建物 次のいずれにも該当するもの
@床面積の合計が1,000u超
A3階以上の階又は地階にある
物品販売店舗

展示場、遊技場、

公衆浴場、飲食店等

@3階以上又は地階にある
A2階の床面積が500u以上
B床面積が3,000u以上
平成29年
平成32年
平成35年
6月1日〜
8月31日
劇場、映画館、

演芸場

@3階以上又は地階にある
A客席の床面積が200u以上
B主階が1階にない
9月1日〜
11月30日
観覧場、公会堂、

集会場

@3階以上又は地階にある
A客席の床面積が200u以上
就寝用福祉施設

(サービス付き高齢者向け住宅、老人ホーム、老人短期入所施設等、障害者支援施設、助産所等)

@3階以上又は地階にある
A2階の床面積が300u以上
平成30年
平成33年
平成36年
6月1日〜
8月31日
体育館、図書館等、ボーリング場、水泳場等のスポーツ練習場(いずれも学校に付属するものを除く) @3階以上の階にある
A床面積が2,000u以上
9月1日〜
11月30日
事務所 次のいずれにも該当するもの
@階数が5以上
A床面積の合計が1,000u超
B3階以上の階又は地階にある

(平成28年6月1日)

※該当する用途の床面積が100u以下のもの、又は、該当する用途が避難階のみにあるものは対象外

複合用途建物 表に掲げる用途のうち2以上の用途に供するもの
*特定建築物調査 特定建築物等を所有又は管理されている方は、建物全般にわたって調査を行いその結果を定期的に報告するものです。(該当する用途部分が100u以下、該当する用途部分が避難階のみにあるものは対象外)
*建築設備検査 特定建築物等に設置されている換気設備・排煙設備・非常用の照明装置などが正常に作動するかどうか検査を行いその結果を定期的に報告するものです。
*防火設備検査 特定建築物等に設置されている防火戸・防火シャッター・などの防火設備が正常に作動するかどうか検査を行いその結果を定期的に報告するものです。
 
(注)防火設備の検査は、定期報告対象建築物に設置されたもの、定期報告対象建築物以外の病院、有床診療所又は就寝用福祉施設で床面積が200u以上の建築物に設置されたものが対象となります。
 
【防火設備検査の報告時期(平成28年〜30年の間は3年間に1回報告)】
 @特定建築物 : 特定建築物調査報告年度の6月1日〜11月30日まで
 A定期報告対象建築物以外の病院、有床診療所 : 平成28年6月1日〜平成28年11月30日まで

 B定期報告対象建築物以外の就寝用福祉施設 : 平成30年6月1日〜平成30年11月30日まで

 名古屋市内の報告につきましては、名古屋市HPを参照してください。

事業案内